52afa07be509c772593028ecbf9dae66_s

おねーちゃんで、いいねしましたか??


まぁ。それも、いいでしょう。笑
今回は、”いまさらながら”の、フェイスブック投稿のお話です。

 

お仕事で、フェイスブック広報担当さんが、さぁ。投稿しなければいけない
と、いうシーン


やった事実を残すくらいの気持ちで、いいねの数を意識されておられない方。
勿体ないです。


いいねが少ない=拡散が少ない(投稿の稼働時間に対しての、コスパが悪い)
と、いうことになります。


いいねが少なくても、「みた人のその後の行動」想定をしているか
どうかで、効果が違ってきます。


>ショッピングサイトのアクセス数自体は多くないのに、売上は結構ある。
とか、ありますよね。
ターゲットのお客様だけに来て頂けている。
と、言うことでしょう。


このように、意図を理解して頂ける動線を繋ぎましょう。



広報が苦手な方に、「意識する3つ」だけをお伝えします。

1. 画像は、自分でも「いいね!」をしたくなりそうな画像を使う。

大変感覚的な表現ですが、自分が興味湧かないものはいくら出しても誰も興味湧かないです。
<仕方がない時もありますが、チラシチラシしてたり、センスがイマイチだったりするといいねが少ないです>
<写真のままがベスト>

 

2. 少しウィットに富んだ、なおかつわかりやすい内容にする。(簡潔)

ちょっと笑える or シーンが目に浮かぶ表現 or 見た人にメリットがある とかとか

 

3. その後の行動を促すURLを入れる。

→商品販売URL、詳細ページURLなど
入れておいてあげると、投稿者の意図がわかりやすくて先へ進んで行動してくれる可能性があります。
わざわざ、検索しなくていいので親切ですよね。

 
キャプチャ


以上、苦手さんでも、たった3つのこと意識して試してみてください☆彡
 
ただし。
 
1と2と3の関連性は必ず持たせてくださいね。笑
自分がいいねしたくなる、綺麗なおねーちゃんの画像と、全然内容の違う文章を入れてはいけませんよ。
(*´艸`*)