「なんでも気兼ねなくフランクに言えよ」
それも一理あろう
だけど本質は違う

リーダーは、組織を作っていかないといけない
筋を違えたり、人やものを大事にしない事をしたら怒る
ちやほやしているだけでは、モンスターをつくることになる
じゃぁ、次はいってくる人をその子はどう指導するのか?

何してもいいが、それに背いたら、どなる
仲間割れ、派閥などはいけない
仕事のミスはどうでもいい
ルールはそこだけ

仕事の失敗はどうでもいい。ぼくが責任をとればいいし、本人も頑張れば取り返せるから

世の中で、苦手な人間をひとり 作っときなさい
でないと暴走する

年上の部下を持つリーダーへ。
歳は絶対越せない。指示はしたらええ、
規律の中での筋を通す。
役割分担をこなすだけ、人としての筋は通す。

思うように育てたらええ
まず相手の言うことを認めてから、意見を言う
謙虚さと礼儀と素直さ、仕事ができるできないとかじゃない

—————————————-
但馬地域において、若い人が目的を持ち厳しい中にも元気良くやりがいのある仕事をプロデュース出来る環境をつくり、若者の定着を目指すと共に、地域の発展に貢献出来る一翼となれるよう活動している。

株式会社オーシスマップ、株式会社ピーナッツ、株式会社ベリッタ 会長 大林賢一氏の経営語録です。