業務をこなすために、チームの人間に仕事を割り振る。

これも、大事な上司の仕事である。

だけど、それだけでは面白くないのである。特に業務を無事に完了させた上司は面白いかもしれないけど、仕事を割り振られた部下はちっとも面白くないのである。

部下が面白いと感じるのは、自分が認められた時である。(人それぞれかもしれませんが、そう仮定します)

認められるためには、経験や表舞台に立つチャンスが必要なのである。

だけど、いきなりチャンスを与えられても、失敗するかもしれないという恐怖がつきまとうのである。

だから、どんな時もさりげなく寄り添いガイドする。

そして、「ドキドキ」も、「面白い!」も共有する。

それが、本当の上司の仕事である。